市民の国について

市民の国についてNo Image

市民の国について

Amazonで購入
ヒュームがもっとも脂ののりきった時期に著わしたエッセイ集。勢力均衡・王位継承・理想共和国などを論じた政治論と、商業・貨幣・利子・貿易・租税などをめぐる経済論とからなる。いずれのエッセイも政治・社会・歴史に対する鋭利な洞察の結実であり、社会的現実を最高の関心事とする近代的哲学のあり方を示している。

この本には最新版があります。

書籍が登録されていません。この書籍の調査を依頼する場合はお問い合わせからお願いします。
経済思想経済思想

経済思想

この本には最新版があります。