病いの視座 : メディカル・ヒューマニティーズに向けて

病いの視座 : メディカル・ヒューマニティーズに向けてNo Image

病いの視座 : メディカル・ヒューマニティーズに向けて

Amazonで購入
「医者は病気をではなく、病人を見よ」と言われてから、いったいどのくらいの時が流れ、病人が癒されていったのだろうか。それにしても、医学は私たちにとって決して好意的な存在とは言えない。「医学とは何か」「病気とは何か」という問いはつねにくり返され、それに対する解答は宙吊りにされたままだ。むしろ問い続けることが逆説的に医療を肥大化させてきたとも言えるかもしれない。病いはいかに私たちを捕え、私たちはいかに病いを捉えるか。病いと人間との関係を追い求めることで医学概論への新しい地平が開けてくる。医学の領域を境越する書。

この本には最新版があります。

書籍が登録されていません。この書籍の調査を依頼する場合はお問い合わせからお願いします。

この本には最新版があります。